一般歯科|千葉寺、歯医者、駅近、一般歯科、予防歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科

電話番号

〒260-0844
千葉県千葉市中央区千葉寺町 1223-4

矯正歯科

  • 一般歯科
  • 一般歯科
  • 一般歯科
  • 一般歯科
  • 一般歯科
衛生士募集
POICウォーターのお話
POIC研究会
やまぐち歯科Facebook
ドクターズファイル
トップページ»  矯正歯科

矯正歯科とは

歯列矯正は一般的に不正咬合(出っ歯・乱ぐい歯・八重歯・受け口)など噛み合わせの悪い歯並びを、自分の歯を生かしたまま治療することです。
これは、単に美しい歯並びにするというだけでなく、歯槽膿漏・虫歯・咀嚼障害等の病気を予防するためにも重要な歯科治療です。
また、歯並びが整うことで、歯のガタツキが無くなり虫歯や歯槽膿漏の原因となるプラークがつきにくくなることで、歯の寿命を延ばすという予防的な効果もあります。
治療法としては口のなかに装置を入れ、歯に一定の力をかけて人工的に動かし、悪い歯並びや咬み合わせを治していきます。

治療の効果

審美性の向上

歯並びがきれいに改善されるばかりでなく、顔の歪みもなども改善されます。また、笑顔に自信が持てることでより健康的な精神を持てます。

噛み合わせの改善

矯正治療を行う上で、噛み合わせを考えてゆくことは非常に大切なことです。噛み合わせが悪いことから、 歯への悪影響だけではなく、顔が歪んだり、頭痛、肩こりなど全身の健康状態にも関わり、悪い状態のまま放置していると全身にいろいろなトラブルが起こる可能性も考えられます。

虫歯のリスク低下、歯槽膿漏の抑制

歯を失う2大病因は、虫歯と歯槽膿漏で、この2大疾患の原因は、歯や歯茎の間に入り込むプラークであることがわかっています。 矯正治療によって歯列を整えることで、歯にプラークが付きにくくなります。また、80歳で20本以上の歯が残っている人の殆どは、 歯並びのよいケースであるという報告がされております。

代表的な症例

出っ歯(上顎前突)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)は一般的に“出っ歯(でっぱ)”と呼ばれ、下顎の前歯に比べて上顎の前歯が前に出ている噛み合わせの状態を指します。
日本人で“出っ歯”の悩みを抱える人の多くは、上顎前歯の前方傾斜によって上顎前突(じょうがくぜんとつ)になっており、歯並びの矯正を希望される患者さんの中でも比較的多い症例のひとつになります。 症状が重いケースになると、噛み合わせても上顎の前歯と下顎の前歯が当たらず、歯肉を咬んでいる状態の場合があります。

受け口(下顎前突)

下顎前突症とは下顎が前に突き出している状態のことを言い、「受け口」などと呼ばれます。
これは、反対咬合、しゃくれと言われているものと同じで、上顎に比べ下顎が前に出ていることを指します。ひどいものは痛みも伴うため、慢性的な痛みがある人は注意が必要です。

八重歯・乱ぐい歯(叢生)

叢生(そうせい)は乱杭歯(らんくいば)とも呼ばれ、歯が重なり合ってデコボコの歯並びになるタイプの歯並びのことです。
矯正を行う中では一番多い症例パターンと言えます。叢生(そうせい)は、同時に過蓋咬合(かがいこうごう)、開咬(かいこう)、反対咬合(はんたいこうごう)といった、その他の不正咬合(ふせいこうごう)の症状を伴うケースも多くあります。
もともと“叢生(そうせい)”という言葉自体には、「草木などの植物が群生している様子」や「茎が根ぎわから束になって生えている様子」を指す意味があるため、草木が重なって生えているのと同じように、歯が重なり合っている状態をイメージして頂ければわかりやすいと思います。

開咬

開咬(かいこう)は“オープンバイト”とも呼ばれ、上下の歯を噛み合わせた時に、奥歯をきちんと噛みしめたにも関わらず前歯が開いたままの状態になる症状です。
何らかの原因によって、顔・顎・歯列などの形や位置、機能に異常をきたし、正常な噛み合わせができなくなる“不正咬合(ふせいこうごう)”の一種になります。
開咬(かいこう)には、上記のような前歯が開いたままになる“前歯部開咬”と、逆に前歯は閉じても奥歯が開いたままになる“臼歯部開咬”があり、一般的に、前歯が開いたままになる“前歯部開咬”を指すケースがほとんどです。